• イベントのご案内

    開設2周年記念イベントのご案内
  • Home
  • /メディア・講演活動
  • /相続の専門家 『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が雑誌に掲載されました

相続の専門家 『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が雑誌に掲載されました

『平塚駅前|相続まちなかステーション』 代表の加藤俊光が、産経新聞出版社の取材を受け日本初の終活専門季刊誌『終活読本 ソナエ/2014年春号』に掲載されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、今回の取材では、『書いていいこと悪いこと』と題して、実際に相続まちなかステーションに持ち込まれた相談事例をもとにしながら、遺言書とエンディングノートの違いという基本的なことからどうすればトラブルを未然に防ぎながら想いを伝え要望を実現することができるかという実践的なところまで余すところなく解説をさせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際の記事をお読みになりたい方は、弊事務所にてコピーをお分けしております。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

今回、産経新聞出版社の終活専門季刊誌に取り上げられたことで、神奈川県や東京都など関東地方の方はもとより愛知県や大阪府の方からもお問い合わせをいただいており、頭が下がる思いでいっぱいです。ひとりでも多くの方が、ご自身の人生の締めくくりのひとつとして遺言書やエンディングノートの活用に関心を持っていただくことができれば何よりです。

 最後になりましたが、今回の取材ではライターの古田様には本当にお世話になりました。心よりお礼申し上げます。