• イベントのご案内

    開設2周年記念イベントのご案内

住み慣れた自宅で最期を迎えるために! 身寄りのない高齢者が準備した周囲に迷惑をかけない方法とは!?

先日、89歳になられた男性の遺言書・尊厳死宣言書・死後事務委任契約書の作成を無事に終了することができました。

image_15329_640_0

今年の春先のことでしたが、身寄りのない高齢者の方がご自宅で最期を迎えることを望んでおられるのだが、何とか実現する方法はないだろうかという社会福祉協議会のご担当者からのご相談がそもそものきっかけでした。

そして、彼に実際にお会いしてみたところ、(1)自分は生涯独身で気ままに暮らしてきたので、今ごろになって疎遠になった親類に迷惑をかけたくないし、(2)幸い大きな病気をすることもなくこの歳まで元気に暮らすことができたので、今後も不要な延命措置等は取らずに自然な最期を迎えたいと仰いました。とても優しい笑顔でしたが、心の奥底に固い決意ともいえるようなものをお持ちのように感じられたのが印象的でした。

そこで、私は遺言書・尊厳死宣言書・死後事務委任契約書を公正証書によって作成することをお勧めしました。平塚公証役場の公証人やかかりつけの医師、担当ケアマネジャーのご協力を仰ぎながら、この方のご要望をもれなく実現するために何度も確認・調整をしながら何とかすべての項目を公正証書に盛り込むことができました。

すべての公正証書が完成したそのときには、『ひとりで死んでいくことをずっと不安に思っていましたが、これで本当に安心しました。これからもよろしくお願いします。』と涙ながらに喜んでいただくことができました。こちらこそ、この方のお手伝いをさせていただいてよかったと心から感動するとともに、私が責任をもってあなたの最期を看取らせていただきますと改めて身が引き締まる思いがした瞬間でした。

131202_1603

ここ数年、住み慣れた自宅で最期を迎えたいというご要望をもつ身寄りのない高齢者が増えていると聞いています。しかし、人は自分ひとりだけでは死ぬことはできません。葬儀や死後の事務処理などは、この世に生存する誰かの手を煩わせなければならないのです。だから、これらのことを誰かにやってもらうことは決して迷惑なことなどと考えないでください。もしも、迷惑になってしまうようなことがあるとしたら、それはあなたが生前に何らの配慮もなく事前の準備もしないことで、残された人々があなたの意思や要望が分からずに戸惑ってしまうことではないでしょうか。

一般的には迷惑だと思われがちなことでも、あなたのちょっとした配慮と事前の準備によって、周囲の人たちがあなたの要望を実現するために真心と愛情のこもった温かい看取り・お見送りに変えることができるはずであり、たったひとりでさびしくこの世を去ることなどさせやしないと私は断言できます。

だからこそ、これからも私は住み慣れた自宅で最期を迎えたいという高齢者の想いと願いが理解できる法律専門職として、ひとりでも多くの方に遺言書・尊厳死宣言書・死後事務委任契約書のご提案をし続けていきます。