• イベントのご案内

    開設2周年記念イベントのご案内

終末期に向き合うあなたの隣で、一緒に悩み考えながら支え続ける法律専門職でありたい

そろそろ正面から終末期に向かい合わなければならない時期に差し掛かっている。周囲はおろか、ご自分でもそう認めざるを得ない極めて厳しい状況に直面している50歳代の女性と出会いました。


平塚だけでなく、もう少し周辺の在宅医療の現場や現状も見たい。私のそんな思いから、茅ヶ崎・藤沢で在宅医療にかかわる専門職の事例検討会に何度か参加させていただくようになって数回が過ぎたある日の夕方のこと、在宅専門医から『私の患者さんが終末期を迎えるにあたって、とても迷い苦しんでおられるので何とか力になってあげてもらえないでしょうか』と相談され、お引き合わせいただいたのがきっかけでした。そんな彼女はまだ50歳代、これまで果敢に幾多の積極的治療を試みたものの残念ながら効を奏することはなく、最近になって緩和ケアに比重を置くことを了承されたようで、すでに在宅医とは揺るぎない信頼関係を築き、今後起こりうるすべてを理解し受け入れているかのように感じられたのが印象的でした。

 

161110%e3%80%80%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab%e3%81%ae%e6%89%8b

 

しかし、そんな彼女の心の奥底にも一抹の不安と迷いがあったのでした。それは、彼女には子がなく自らがこの世を去った後で、ひとり残された最愛の夫と十数年前から疎遠になっている実父のことでした。自らがこの世を去った後で、配偶者が困惑してしまうような事態だけは何としても避けたい。そのためにできることがあるなら、いま自分自身が手立てを施しておかなければならない。緩和ケアによって身体的な苦痛が少しずつ除去されているのとは裏腹に、日を追うごとに心に迷いや不安が募るようになってしまったようで、思い余って在宅専門医に相談したことで私とつながることになった次第です。

もっとも、実際に彼女にお会いしてみたのですが、彼女に残されている体力や時間を考えると、公正証書で遺言書を作成することは到底無理だと感じました。そこで、私は自筆証書による遺言書の作成をご提案しました。健康な身体であれば、ものの数分で書き終えてしまうであろうほんの数行の遺言書でしたが、体調が良い時を見計らいながらおよそ数日間かけて何とか無事に書き終えました。それから、彼女の心を覆っていた不安や迷いはだいぶ除去できたようで、彼女は片道1時間ほど要する県内の生まれ故郷へのお墓参りにもお出かけになられ、今は残された時間を心身ともに静かに穏やかにお過ごしになられているとお聞きしています。

 

%e8%a8%aa%e5%95%8f%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab

 

まだ、50歳代の彼女には、もっとやりたいことや行きたいところがたくさんあったことでしょう。でも、彼女に残された時間はもうほとんどないのかもしれません。しかし、そんな現実からも決して逃げることなく、懸命に力を振り絞りながら今できることをひとつひとつ片付けながら、悔いのないよう人生の締めくくりを準備される姿には同世代の人間として敬服の念を覚えずにはいられませんでした。

とてもデリケートな時期である終末期に、医療や福祉の専門職の皆さんと連携しながら、少しでも患者さんの心とカラダのケアの一端を担うことができたとすれば、また彼女の心の苦悩が少しでも緩和され残された時間を心身ともに安らかに過ごせるお手伝いができたとすれば何より幸いです。私は、彼女と出会うことで、この仕事をしている限り生涯忘れることのないであろう、『ともに気付き合い、支え合い、信頼し合うことの大切さ』を教えられました。あなたに出会えたことに、心より感謝いたします。

これからも私は、医療や福祉の専門職の方々と連携・協働しながら、終末期に迷い苦しむひとりでも多くの患者さんのすぐ隣で寄り添い一緒に考えることのできる法律専門職であり続けます。